天職

伝承の技、先人の叡智を、
今に生かして参ります。

日本の宝

はるか古えの時代、シルクロードより
伝わりし絹の極み。 
お蚕さまの命をまとう絹世界
かけがえのない日本の宝と存じます。

絹の白生地

天恵の絹。白生地の伝統を継ぐ使命
二〇一九年は、絹一筋に
おかげさまで創業八八年を迎えます。

新作新柄ご案内

新柄_駒綸子 市松グラデーション (品番06109UB001...

駒綸子とは、駒撚糸と呼ばれる強く撚りをかけた糸を経糸に使用した綸子生地のことをいいます。 綸子独特の光沢があり、しっかりとした風合いが特徴です。 地紋は、四角形を並べた市松柄をベースに四角形の横幅を徐々に変えるとともに...

復刻_清流 滝の白糸 (品番05126BG0001) 13M

経方向のシボのある染加工下用の白生地です。 シボがあることにより肌に触れる面積が少なくなるので、張り付きにくくなるため、裏地を付けない単衣の着物として主に使われます。 その経方向のシボを細かい線のようにあげることで、ま...

承華縮緬 銀通し 波模様(品番01106UB2526) 13...

伊と幸の紋意匠縮緬を別称【承華縮緬】と呼んでおり、創業当時より最も力を入れた美しい地紋様を織り込んでおります。絵文様を構成する絵緯糸が地緯糸との二重組織となっており、柄の立体感を表現した丹後ちりめんです。 地組織も発色...

お知らせ

お知らせ一覧

夏きもの素材

薄物

清涼感漂う薄物の夏素材です
強撚糸の経糸を絡ませて作る
捩り目(もじりめ)が透ける織り方は
シャリ感とコシが決め手の薄物です。

捩り織(搦み織)の絽と紗

生地が透け、通気性に優れます。見る人にも涼感を与える夏物素材です。
上左:捩り織の捩り目だけの駒紗無地
(品番03200YO1064)
上右:透かし目の紗に唐草地紋を表現した紋紗
(品番03201TP0001)
右:絽目と平織を交互に織り出す絽をベースに文様を織り込んだ紋絽。自社図案家による新作、万華鏡文様です。
(品番03202YO0013)
夏着物は通好み。素材そのもののクオリティーをご覧下さい。

お問合せ

染加工下の素材感

袷せ 単衣

絹酔いという言葉があります。
長繊維フィブロインゆえの
光沢感としなやかな肌合い。
品の良い染上りはこの素材から。

伊と幸の丹後縮緬

上段は、伊と幸の承華縮緬(紋意匠縮緬)の三柄です。
上左:絵緯糸に銀色糸を使用した波模様です。
(品番01106UB2526)
上中央:純国産絹のブランドシルク又昔の菱の美。
(品番05801UB0011)
上右:金通しで、伝統の立涌を若い図案家の感性で新柄に。人気です。
(品番05111UB0003)
下左:緯糸は強撚糸の縮緬ですが、経糸が無撚の平経のため、光沢と艶が特徴。伊と幸の永遠の定番。
(品番05410BG0001)

お問合せ

後染めの味と粋

紬糸の素朴な味わいの白生地。
ざっくりとした絹紬の地風に
後染めで染加工をあしらった
着尺帯は、現代の社交着です。

後染め用紬着尺と帯地

上左:堅牢な地風とシャリ感が特徴の生紬帯地。
(品番07210NW0015)
上右:伊と幸の代表ブランド松岡姫の紬糸使用。セリシンを残した微妙な精練を特徴とする生紬の加工下着尺。
(品番07910DCsi353)
下:赤城の帯地。セリシンを残す特殊精練で、シャリ感とハリ、独特の光沢が特徴の帯地です。
(品番07210NW0057)

お問合せ