1. HOME
  2. おすすめの白生地
  3. 御戸代

御戸代

経糸が撚りのない平糸のため、御戸代(みとしろ)独特の艶があります。「御戸」とは神社、仏閣の扉の事です。
西行法師が記した『山家集』には、「御手洗(みたらし)に若菜すすぎて宮人の真手(まて)にささげて御戸(みと)開くめる」とあります。また「代」とは、その「材料となるもの」の意味です。
すなわち、御戸代とは、「貴重なるもの」「特により優れたるもの」を意味する言葉です。
駒無地縮緬の駒経を平経にすることで、柔らかく美しい光沢を放つ伊と幸の定番素材です。

おすすめの白生地名
御戸代
商品コード
05410BG0001
商品規格
13M、17M
主な用途
染加工下
お問合せ